カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ちいさなビックリ

家事はやりだすと楽しいし、限がなくなる。やらないとどうでもよくなる。

1年を通して考えてみると、家事よりも帽子作りに重きをおく時期の方が長いので、気がつけば上手な手抜き家事の仕方を常に考えるようになってしまった。

特に料理は手間と時間をかけずにおいしいものを食べる!という目標を掲げ、日々努力を怠っていない。それでも身体にいいものを取りたいという思いは結構強いので、調味料は基本となる質の良いものを揃えて、なるべく自分で調味することを心がけている。ケチャップやマヨネーズはもともと好きな方ではないので、我が家の冷蔵庫にはたいてい入っていない。

でもたまに作ってみたりする。そういうことは面倒だと思わないのが自分でもよくわからない。ただ手作りマヨネーズが食卓に出現するのは2年に1度程度。幻のマヨネーズと命名されている。

それに比べるとドレッシングの自作は簡単でバリエーションも豊富で楽しい。

だからドレッシングも冷蔵庫に入っていないことが多い。

先日、友人の家にサラダを持って行くことになり、ドレッシングをどうしようかと考えた。作っても良かったのだが適当な入れ物がなかったので、スーパーで買っていくことにした。

普段見ることの少ないドレッシングコーナーはカラフルで、いろいろな種類のものが並んでいる。でも急いでいた私はじっくり見ないようにして、以前買ったことがあって見覚えと味覚えのあるQ社のごまと香味野菜のドレッシングを買って友人宅に向かうことにした。

お昼時。お運びを手伝いながらそのドレッシングを開封。いつもプルタブのプラスチックバージョンといったようなものを引いて開けるのに、今回は様子が違うのだ。真ん中に丸い突起が出っ張っているけれど、引いても開きそうにない。入れ物本体の説明を見ると、キャップをしたまま締める方向に回すらしい。半信半疑でやってみるとちょっとした手ごたえあり。今度はキャップを外すと何がおこっていたのか…ちょうどいい加減の穴が開いていた。

友人曰く、何ヶ月か前からこの方式になったらしい。いつも市販のドレッシングを開ける時にちょっとだが中身が飛ぶのが厭だな…と確かに思っていたしそういう声は多かったのだろう。こうして意見が反映され、改善された商品に出会うと小さなことだけにびっくりするし本当に嬉しい。日本ならではの細やかさ、もの作りに絶対必要な心構えが感じられた。

私 「ホールトマトの缶詰みたいのの引いて開けるやつ、あれも飛ぶから何とかしてほしいよね!」

友人 「そうそう、わかっているから最後慎重に引くんだけど飛ぶんだよね…」

ファインダーがない

ビデオカメラを買いに行った。
我が家には今なお現役で使えるものがあるのだけれど、店頭に並ぶ今どきのカメラ達のおもちゃのような軽さと、撮影した画像の美しさを実感。おまけにちょっと前に較べたらあり得ないほど安い!相方は購買意欲を存分に掻き立てられてしまっていた。少しは日本経済に貢献すると思えば…ま、いいか。
いざ、どのカメラにしようか?という段階になって気が付いた。ほとんどの商品にファインダーが付いていないのだ。
彼が撮ることの目的は、スキーをしている自分のフォームをチェックするため。私は撮影する側になることが多いのでよくわかるのだが、日差しが眩しく反射するゲレンデ上のかなり距離のある目標物。これを液晶画面で捉えるのは出来なくはないが結構難しい。そういう難しい状況下の撮影は上位機種で、とのことなのかお手頃価格のものにファインダーは皆無なのである。
カメラのデジタル化で撮影する姿も変わった。今にファインダーという名詞も、覗く姿も一部の人にしか通じなくなってしまうのかもしれない。

という経緯でファインダー付きのそんなに安くないカメラを手に入れた彼は、今日もいそいそとスキーに出掛けて行った。

アッパレなニュース

尖閣諸島の事件以来、中国という国の怖さをあらためて見せつけられてきた。

平和ボケ気味の私でさえも、これからどのように共存していくべきなのかを考えさせられたくらい、ショックだったところにちょっとビックリで嬉しいニュースが飛び込んで来た。

劉暁波のノーベル平和賞受賞

毎日楽しみにしている【宮崎正弘の国際ニュース・早読み】でも、最近の話題として取り上げられていた。彼以前にも人権運動家・民主主義者で受賞確実だと言われていた候補を妨害してきた実績があるという中華人民共和国。

中国国内の運動家が政府に押さえつけられてしまうのと同じで、大国である中国に間違った考え方ややり方を指摘しようと日本のような小さな国が騒いでも、相手のやることがこちらの常識とは違うので予測出来ないし、とにかく利害の上に成り立つ主張に対抗できるだけの強さが足りない気がする。(それは経済状況のせいか?)

ノーベル平和賞を彼に授与したことは、国際社会の世論をかの国に伝える最善の方法の一つであることに間違いない。ここは選考委員会の英断にアッパレ。都合の悪いノーベル平和賞の報道になったと同時にテレビ画面が突然真黒になってしまう国…それが世界に報道されるのだから、ますますそのあり方を問われる行為なのでは?

これからの中国の反応、変化に期待したいものだ。

危ういバランスの平和を確かなものにするために、争いの歴史を繰り返すことのないように、【この国に生まれたくなかった】と思う人がいなくなるような世界になるように、どの国のどの人も努力していかなければならない。

ノーベル平和賞は個人(団体)の栄誉ではない。問題のある部分にひとつひとつスポットを当て、解決を模索すべくあらためて当事者たちと国際社会に問いかけている。

電車に乗ってくる!

自宅とアトリエ(教室)を兼ねている我が家。

本日、相方は休日なのでのんびりモード。掃除機をかけると言っているのに床でゴロゴロしたり、さっき朝ごはんを与えたばかりなのに餌を探しにウロウロしたり。

午後から体験レッスンと通常の生徒の来訪を予定している私はそんなの構っていられない。

広くもないスペースだが本気で掃除しようと思ったら、ここもあそこも…と気になるものであるし、道具や材料も準備しておかなきゃいけないし。あ、自分の顔も描いておかなきゃ!という具合に次から次へとやることが思い浮かんで1人でイライラし始めてしまう。

そんな気配から身の危険を感じ始めると、「お茶飲んでくる~」とか「走ってくる~」とか一言のこして相方は外出する。その時だけは「ごめんね~、追い出しちゃうみたいで…」と言葉を掛け、笑顔で玄関から送り出す。来客中は外へ行けと指示しているわけでもないのだが、同じ空間にいても落ち着かないのだろう。

今日は「電車に乗ってくる~」と言って出掛けた。「はーい」と答えてから「電車??」

どこかへ行くんだっけ?と尋ねたら、読書と勉強してくるとの回答。

3時間後、ただ本当に電車に乗って周って帰ってきた(ようだ)。

期間限定ブティック

お天気に恵まれたGWの4日間、ギャラリーキアンでの展示は期間限定ブティックのようでした。

お客様をお茶とお菓子でおもてなししながら作品を楽しんでいただける空間。こんな場所をいつか自分で持てるようになったらいいな~、とちょっと妄想してしまいました。

展示の様子はこちらをご覧ください。