カテゴリー別アーカイブ: 帽子

お食事の時に被ったままでいい帽子

マダム「私、面倒くさがりなの」

私「そうですか~?」

マダム「でもさり気なくおしゃれしたいの」

私(頷く)

マダム「お食事の時にさっと被るだけで決まる帽子が欲しいわぁ。あまり仰々しくならないのがいいわねえ」

私「そうですよね~♪そういうの、私も欲しいです!具体的なイメージはあるんですか?」

マダム「ないわよ?」

私「…」

しかしそこで話は終わらず。
ヒアリングがてらいろいろな帽子の画像をお見せしたりして
せめてイメージのかけらでも拾えれば…と前のめりになってご希望を伺ったのですが

「薄い生地のお洋服に合わせやすいのがいいわね」
「色はそうねえ…ペールピンクやベージュ、グレー。つばのあるのがいいわ~」

お話を進めていくと
割とお好みがはっきりしていること
オーダーを受けるには着地点があまりにも漠然としているということが
よーくわかってきました。
どうしよう…お受けしたとして形に出来るのだろうか?

要望があればそれに応えたいと思ってしまう作家性分の故
以前帽子をお買い上げ頂いたこともあり、
作風もわかっていらっしゃるお客様でしたので
少しお時間をもらって、私の勉強を兼ねて自由に制作させて頂いたものを
お見せするという形をご提案しました。

ウキウキで帰られたマダムの後ろ姿が
なかなかのプレッシャーになったことは言うまでもありません。
それが今年5月の話です。

………

形から攻めるか、素材から攻めるか…
もやもやしながらもまずは生地探し。
ピンクやベージュやグレー。
あくまでも希望として受けた色味ですが、、
ないのですよ、これが。
色から離れて素材感だけでも使えそうなものを…と探しても
なかなかピンとくる布に出会えない。

夏が過ぎ、秋になり、展示会をこなして
そうこうしているうちに11月。
さすがに焦ってきました。

気に入ってもらえるかどうかはさておき
何とか年内に形にしておきたいし
先方も急がないと言いつつ
心待ちにしているようだし、困った困った。

それでも脚を使って材料を探し
手を動かして試行錯誤しながら
何とか自分でも納得のいくかたちが出来上がりました。
………

いよいよ自由制作お披露目の日。
差し出した帽子をじっと見るマダムが「こりゃなんだ?」
と言うような表情をしていたので
私もドキドキでしたが
被ったとたんに合わせるドレスとアクセサリーが閃いたらしく
結果的にはとても気に入って頂けました。

ヘッドドレスほど派手にならない
びっくりするほど軽いシルバーカラーのコワッフです。
手持ちの黒蝶真珠のネックレスがぱっと思い浮かんだそう。

マダムのドレスアップ姿、私も拝見したいです。

幸せな気分にしてくれる帽子

あまりにも見慣れてしまったせいか
近頃は驚きを感じる帽子に出会うことが少なくなってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天気もいいので、秋冬物のセールを冷やかしながら
ぷらぷらと散歩でもしようかと街に出た。
通り沿いのアンティークショップには、目的もないのについ入ってしまったのだが
お店の奥に掛けてあったその帽子に多分呼ばれてしまったんだと思う。

一目で手の込んだ作品だとわかるそれは遠目には淡いスカイブルーに見えるのだが、ピンク・イエロー・オレンジ等々さまざまなニュアンスカラーのオーガンジーが程良い分量で埋め込まれていて、その上品な色彩のハーモニーが見事。
素材をブレード(リボン)状にして作り上げられた形は、最後は被り手のセンスに委ねられるとしても優雅そのもの。
色がたくさん散りばめられていてどんな服にも合わせやすい帽子というのは
実は私も狙っているところなのだが、その種類の帽子ではハイクラスに位置づけられるのに相違ない。
もちろん羽根のように軽くて外出時だけならペタンと潰して持ち歩ける。

「被ってみてもいいですか?」
その日の私のイデタチはおよそそれには似つかわしくない、ご近所散歩チックなブラウン系のカジュアル。
だが帽子を頭に載せた瞬間、やはりその魅力を再認識したのだった。

決して主張しすぎることなく、顔にうっすらとした影を落とし、かすかに揺れるブリムが横顔を絶妙に隠す。「どんな人なのかしら?顔が見たいわ~」という程度に隠しつつも、きれいに見せてくれる帽子なのだ。

被った自分の映る鏡を覗きこみ、図らずも固まっていた私にお店の人が声を掛けてきた。
「被った人の魅力を引き出してくれる帽子ってあるんですよね。ま、一生懸命探したところでそう簡単には見付からないのだけれど」

心から同感!
普段と違った表情を引き出してくれる、被り手と一緒に輝く帽子か…。

もちろん、私の出会ったこの帽子が誰にとってもそういう存在であるわけではない。
ただ、私が今日感じた幸せな気分を他の人にも感じてもらえるように
常に誰かのためのそういう帽子を作っているという気持ちを忘れずにこれからも帽子と向き合っていこう。

そんなふうに素直に思えた新年早々の出来事だった。

表参道でグループ展

図面と現場はやはり違いますね。思いの外、会場作りに時間がかかりましたが

無事に搬入を終えてきました。

明日から始まります!、とブログを上げようと思っていたのにパソコンに向かっている間に日付が変わっていました…。

本日14日(木)11:00オープンです。お時間ありましたら是非お立ち寄りください。

写真は搬入作業中の様子です。

0413_2 Coffret de Creation Ⅱ ~創造の小箱~

日時  4月14日(木)~17(日) 

11:00~20:00(最終日は17:00にて終了) 
場所  アートインギャラリー(表参道)
詳細はこちらをご覧ください。

修羅場はいつまで

学生時代の友人・青木麻子さんとのコラボ展(絵と帽子)が今週から始まった。今回で6回目になるのだがギャラリーの場所で客層が、洋服の流行によってその時のニーズが違ったりするのが直接感じられるので、思いの外アイデアが浮かんで創作意欲満々になってしまう。会期中にこんなことする必要はないのに…と思いながらも展示会が始まって3日が経過した今日まで、帰宅後の追加帽子作りは続いている。

通りからまず目に入るのはシンプルな茶色のキャプリーヌと、鮮やかな色彩の絵。何となく入ってきたお客様で少なからず帽子に興味がある人はいろいろと試すうちに折角こういう場所で買うのならちょっと変わった作品が欲しいと思ってしまうようだ。で、変わったパターンや生地のものがぽつぽつと出ていくと「まずい…このままでは展示がつまらなくなってしまうかも」という強迫観念に駆られるから睡眠時間を削り、翌日に新作を一つでも持って行くことで心の平静を保っているのかもしれない。何とも悪循環。

あと残すところ3日。お出掛けのついでがありましたら覗いてみてください。ひどい顔してますが一生懸命おもてなし致します(笑)

ギャラリーかれん(東急東横線・大倉山駅より徒歩1分) 11:00~18:30(最終日12:00~17:00まで)

http://www.ynet.co.jp/~artkaren/index.html