作成者別アーカイブ: mihoo

幸せな気分にしてくれる帽子

あまりにも見慣れてしまったせいか
近頃は驚きを感じる帽子に出会うことが少なくなってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天気もいいので、秋冬物のセールを冷やかしながら
ぷらぷらと散歩でもしようかと街に出た。
通り沿いのアンティークショップには、目的もないのについ入ってしまったのだが
お店の奥に掛けてあったその帽子に多分呼ばれてしまったんだと思う。

一目で手の込んだ作品だとわかるそれは遠目には淡いスカイブルーに見えるのだが、ピンク・イエロー・オレンジ等々さまざまなニュアンスカラーのオーガンジーが程良い分量で埋め込まれていて、その上品な色彩のハーモニーが見事。
素材をブレード(リボン)状にして作り上げられた形は、最後は被り手のセンスに委ねられるとしても優雅そのもの。
色がたくさん散りばめられていてどんな服にも合わせやすい帽子というのは
実は私も狙っているところなのだが、その種類の帽子ではハイクラスに位置づけられるのに相違ない。
もちろん羽根のように軽くて外出時だけならペタンと潰して持ち歩ける。

「被ってみてもいいですか?」
その日の私のイデタチはおよそそれには似つかわしくない、ご近所散歩チックなブラウン系のカジュアル。
だが帽子を頭に載せた瞬間、やはりその魅力を再認識したのだった。

決して主張しすぎることなく、顔にうっすらとした影を落とし、かすかに揺れるブリムが横顔を絶妙に隠す。「どんな人なのかしら?顔が見たいわ~」という程度に隠しつつも、きれいに見せてくれる帽子なのだ。

被った自分の映る鏡を覗きこみ、図らずも固まっていた私にお店の人が声を掛けてきた。
「被った人の魅力を引き出してくれる帽子ってあるんですよね。ま、一生懸命探したところでそう簡単には見付からないのだけれど」

心から同感!
普段と違った表情を引き出してくれる、被り手と一緒に輝く帽子か…。

もちろん、私の出会ったこの帽子が誰にとってもそういう存在であるわけではない。
ただ、私が今日感じた幸せな気分を他の人にも感じてもらえるように
常に誰かのためのそういう帽子を作っているという気持ちを忘れずにこれからも帽子と向き合っていこう。

そんなふうに素直に思えた新年早々の出来事だった。

ちいさなビックリ

家事はやりだすと楽しいし、限がなくなる。やらないとどうでもよくなる。

1年を通して考えてみると、家事よりも帽子作りに重きをおく時期の方が長いので、気がつけば上手な手抜き家事の仕方を常に考えるようになってしまった。

特に料理は手間と時間をかけずにおいしいものを食べる!という目標を掲げ、日々努力を怠っていない。それでも身体にいいものを取りたいという思いは結構強いので、調味料は基本となる質の良いものを揃えて、なるべく自分で調味することを心がけている。ケチャップやマヨネーズはもともと好きな方ではないので、我が家の冷蔵庫にはたいてい入っていない。

でもたまに作ってみたりする。そういうことは面倒だと思わないのが自分でもよくわからない。ただ手作りマヨネーズが食卓に出現するのは2年に1度程度。幻のマヨネーズと命名されている。

それに比べるとドレッシングの自作は簡単でバリエーションも豊富で楽しい。

だからドレッシングも冷蔵庫に入っていないことが多い。

先日、友人の家にサラダを持って行くことになり、ドレッシングをどうしようかと考えた。作っても良かったのだが適当な入れ物がなかったので、スーパーで買っていくことにした。

普段見ることの少ないドレッシングコーナーはカラフルで、いろいろな種類のものが並んでいる。でも急いでいた私はじっくり見ないようにして、以前買ったことがあって見覚えと味覚えのあるQ社のごまと香味野菜のドレッシングを買って友人宅に向かうことにした。

お昼時。お運びを手伝いながらそのドレッシングを開封。いつもプルタブのプラスチックバージョンといったようなものを引いて開けるのに、今回は様子が違うのだ。真ん中に丸い突起が出っ張っているけれど、引いても開きそうにない。入れ物本体の説明を見ると、キャップをしたまま締める方向に回すらしい。半信半疑でやってみるとちょっとした手ごたえあり。今度はキャップを外すと何がおこっていたのか…ちょうどいい加減の穴が開いていた。

友人曰く、何ヶ月か前からこの方式になったらしい。いつも市販のドレッシングを開ける時にちょっとだが中身が飛ぶのが厭だな…と確かに思っていたしそういう声は多かったのだろう。こうして意見が反映され、改善された商品に出会うと小さなことだけにびっくりするし本当に嬉しい。日本ならではの細やかさ、もの作りに絶対必要な心構えが感じられた。

私 「ホールトマトの缶詰みたいのの引いて開けるやつ、あれも飛ぶから何とかしてほしいよね!」

友人 「そうそう、わかっているから最後慎重に引くんだけど飛ぶんだよね…」

表参道でグループ展

図面と現場はやはり違いますね。思いの外、会場作りに時間がかかりましたが

無事に搬入を終えてきました。

明日から始まります!、とブログを上げようと思っていたのにパソコンに向かっている間に日付が変わっていました…。

本日14日(木)11:00オープンです。お時間ありましたら是非お立ち寄りください。

写真は搬入作業中の様子です。

0413_2 Coffret de Creation Ⅱ ~創造の小箱~

日時  4月14日(木)~17(日) 

11:00~20:00(最終日は17:00にて終了) 
場所  アートインギャラリー(表参道)
詳細はこちらをご覧ください。

ファインダーがない

ビデオカメラを買いに行った。
我が家には今なお現役で使えるものがあるのだけれど、店頭に並ぶ今どきのカメラ達のおもちゃのような軽さと、撮影した画像の美しさを実感。おまけにちょっと前に較べたらあり得ないほど安い!相方は購買意欲を存分に掻き立てられてしまっていた。少しは日本経済に貢献すると思えば…ま、いいか。
いざ、どのカメラにしようか?という段階になって気が付いた。ほとんどの商品にファインダーが付いていないのだ。
彼が撮ることの目的は、スキーをしている自分のフォームをチェックするため。私は撮影する側になることが多いのでよくわかるのだが、日差しが眩しく反射するゲレンデ上のかなり距離のある目標物。これを液晶画面で捉えるのは出来なくはないが結構難しい。そういう難しい状況下の撮影は上位機種で、とのことなのかお手頃価格のものにファインダーは皆無なのである。
カメラのデジタル化で撮影する姿も変わった。今にファインダーという名詞も、覗く姿も一部の人にしか通じなくなってしまうのかもしれない。

という経緯でファインダー付きのそんなに安くないカメラを手に入れた彼は、今日もいそいそとスキーに出掛けて行った。

アッパレなニュース

尖閣諸島の事件以来、中国という国の怖さをあらためて見せつけられてきた。

平和ボケ気味の私でさえも、これからどのように共存していくべきなのかを考えさせられたくらい、ショックだったところにちょっとビックリで嬉しいニュースが飛び込んで来た。

劉暁波のノーベル平和賞受賞

毎日楽しみにしている【宮崎正弘の国際ニュース・早読み】でも、最近の話題として取り上げられていた。彼以前にも人権運動家・民主主義者で受賞確実だと言われていた候補を妨害してきた実績があるという中華人民共和国。

中国国内の運動家が政府に押さえつけられてしまうのと同じで、大国である中国に間違った考え方ややり方を指摘しようと日本のような小さな国が騒いでも、相手のやることがこちらの常識とは違うので予測出来ないし、とにかく利害の上に成り立つ主張に対抗できるだけの強さが足りない気がする。(それは経済状況のせいか?)

ノーベル平和賞を彼に授与したことは、国際社会の世論をかの国に伝える最善の方法の一つであることに間違いない。ここは選考委員会の英断にアッパレ。都合の悪いノーベル平和賞の報道になったと同時にテレビ画面が突然真黒になってしまう国…それが世界に報道されるのだから、ますますそのあり方を問われる行為なのでは?

これからの中国の反応、変化に期待したいものだ。

危ういバランスの平和を確かなものにするために、争いの歴史を繰り返すことのないように、【この国に生まれたくなかった】と思う人がいなくなるような世界になるように、どの国のどの人も努力していかなければならない。

ノーベル平和賞は個人(団体)の栄誉ではない。問題のある部分にひとつひとつスポットを当て、解決を模索すべくあらためて当事者たちと国際社会に問いかけている。